2010年

2月

28日

2、3日クレ

なんで28日までしかないの。あと2、3日チョーダイ

で、もう今年も2ヶ月が終わる、なんと早い。

って自分でこういうイメージをしてる時点でダメだな。

 

今個展のアイデアやらなんやらで家中紙が散乱している。

ちなみにラフやアイデアはいつも書籍の仕事のときに頂く「ゲラ」の裏に描いてる。

ゲラは裏が真っ白のコピー用紙で一冊分、つまり数百ページ分あるので、それを再利用。

それでも使い切れず溜まってく一方。

これに慣れてしまってるのでスケッチブックなどキンチョーして何も描けなくなる。

 

読了

思想地図vol.3……去年中面イラストを描かせていただいた本。やっと読む。

依頼時にはコンセプトのみを聞いて、という仕事だったので。

vol.2より自分に関心がある事に近く、特に「東京から考える」再考とホモ・エコノミクスの書く偽史、が面白シ。

0 コメント

2010年

2月

23日

悩ム

個展、展示する絵は順調に描いている、がオマケ?的なものではないが

その他の作品について大いに悩む、新しい事をしようとシッチャカメッチャカ。

 

ここ最近はいくつか直の売り込みに行ったり、

久しぶりに「僕たちは歩かない」の担当さんに会ったり。

 

東大総合研究博物館を見に行く。

常々感じる事だが博物館や民族資料館などの優れた(あくまで優れた物のみ)展示はアーティストのインスタレーション展示など全く寄せ付けない迫力がある。

企画展「命の認識」は骨骨骨骨骨骨骨骨骨骨骨骨骨骨骨骨

動物の骨をこれでもか、と敷き詰めたもの。いやはや圧巻。

 

その他イラストギャラリーの展示をいくつか見たり。

最近ガンバッテアグレッシブに行動しようとする、がその分カネが出て行く出て行く

0 コメント

2010年

2月

11日

売り込み

6日に東京大学総合研究博物館、小石川分館(長い)に行く。

使うかどうかわからないが個展の為の資料撮影。

その後、印刷博物館へ。1Fのタダギャラリーは何度も行ってるが

B1の300円博物館へ。なるほど有料なだけはある展示。

 

8日は久々の初めまして相手への売り込み。SONICBANG

丁寧に見ていただき、別のデザイナーまで紹介していただく、アリガタシ。

その後、文化庁メディア芸術祭へ。ここ何年か見てなかったがウ〜ン、、あんまりオモシロくなかった。ゲームをただゲームとして展示してるスペースが大きすぎる(だったら家でやれば)のとガジェット系インスタレーションが少ない、その他諸々、、。

ただ平日のまっ昼間なのにすごい人。イラストギャラリーの集客との余りの差になんだか悲しくなる。

その後、すぐ近くのFUJIFILM SQUAREでイロイロな展示を見る。

そのその後、オーパの「道場マッチ−2」展マヤの「挿画を描くコンペ受賞者」展へ。

両方でイロイロ人と出会い、話を伺う。

0 コメント

2010年

2月

03日

チョイス大賞展 授賞式

昨日はザ・チョイス大賞展の授賞式(オープニング)

その前に

ギャラリーエフのグループ展

ペーターズギャラリーの伊坂芳太良原画展

新生堂の山口英紀展

ビリケンギャラリーの大アックス祭り

を見てから行く。

審査員の方、装丁家の方、入選したイラストレーターの方達と話す。

来年は入賞者としてココに来たい(今年はただの入選者)。

 

アメリカが全面的に有人宇宙開発を見直す様

物心ついたときから宇宙に夢を馳せてきたものとして、またしても絶望の縁に追いやられた気分。泣きたい。

子供の頃の宇宙開発の今後(つまり今ぐらい)は、

今浮かんでる国際宇宙ステーションの前身であるフリーダムが1998年頃完成。

スペースシャトル大型化、またロシアはエネルギアのブラン、フランスはヘルメス、と

各国が再使用型に移行し

21世紀すぐには月面基地の建設、2014年ぐらいに火星有人探査。

こんな感じ、だったハズ

それがいまや、、、。

書きたいことはいっぱいあるが止まらなくなるのでココで終了。

 

読了

思想地図vol.2……思想地図vol.3の仕事のとき編集部から頂いた。今頃読む、スイマセン。家族、労働、格差問題などジェネレーションをテーマにした思想書。

多分思想書なるものを初めて読む(どういうものが思想書なのかわからない)。

いつも経済ニュースで慣れ親しんでいて、わかりやすかったのもあれば、知らない単語が多くわかりづらかったのもアリ。

0 コメント

Hey Visitor!