エンドレス・ガーデン

仕事宣伝

 

「エンドレス・ガーデン ロジカルミステリー・ツアーへ君と」片理誠著 早川書房

の装画を描かせて頂く。

早川書房はこれで5度目「SFマガジン09/7月号」表紙「都市と星」装画「SyncFuture」雪風の絵「SFマガジン10/9月号」挿絵、と

大変お世話になっており。

 

で、今回はJコレクションという日本人作家のSFというカテゴリーなんだが、このJコレのシリーズは造本装丁に決まった型があり(表4、背、表紙には絵が入らないなど)例外の装丁は少ししかない。

この「エンドレス・ガーデン」もその例外。

装画は表4含めカバー全体に描いており、カバーを外した表紙部分にも全体に絵を描いている。

打ち合わせの段階からそういう方向で、となりまさにイラストレーター冥利に尽きる。

デザインはSF本ではおなじみの岩郷重力さん。

 

まぁ、あと今回の担当Iさんとはこの仕事の前から某SF集まりでよくご一緒しており、改めて”仕事”を依頼する、されるという関係がアリガタカッタリ。

 

内容については…書けない。

というか私が依頼時に読んだゲラより出版されたバージョンの方が大幅に進化しているらしく(主に縦軸が)なので正確な感想が書けず(近々読む)。

簡単に言うと少年と少女が電脳空間の世界を救うため旅する話。

連作集が全体として繋がり長編になってる、といったところ。

 

 

重版になったら担当Iさんから食事おごってもらう約束なので皆さん買うべしw

Hey Visitor!